徳洲会とシーメンスヘルスケアがAI研究などで提携

 大手病院グループの徳洲会グループとシーメンスヘルスケア(東京・品川)は2019年2月5日、都内で共同の記者会見を開催し、2019年1月から人工知能(AI)研究などで提携すると発表した。「放射線診断へのAIの利用」「検体検査の完全自動化」「超音波検査を担う人材の研修」などのテーマに共同で取り組む。読影や臨床検査にかかる手間を減らし、超音波検査など人にしかできない検査に人手を割り振れるようにしていく。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)