橋本宗明の半歩先読み

モダリティ多様化時代の日本企業の生きる道

(2019.12.02 08:00)1pt
橋本宗明

 ここ1カ月ぐらいに行ってきた取材、記事執筆を通じて強く感じていることを紹介させていただきます。まず、先週、武田薬品工業の投資家向けR&D説明会のライブ配信を拝聴して、下記の記事をまとめました。武田薬品によるShire社買収には、当初から創業家を中心とする一部株主が強く反対してきました。それもあって、買収の成否には冷ややかな見方をする人もいましたが、R&D説明会で紹介されたパイプラインを見て、武田薬品がなぜShire社を買収したのかがよく理解できた気がしました。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み
橋本宗明
日経ビジネス編集委員、日経バイオテク編集委員
橋本宗明  1987年京都大学農学部卒業、同年日経マグロウヒル社(現日経BP)に入社。2006年にバイオ産業の専門ニューズレター日経バイオテクの編集長に就任。以来、一時薬剤師向けの日経ドラッグインフォメーションの編集長を務めるが、10年以上にわたって日経バイオテク編集長を務め、日本のバイオテクノロジー産業や医薬品業界の研究開発と産業化の動向を報道してきた。2019年4月より現職。
 日経バイオテク編集委員の橋本宗明が、日々の取材の中で感じたこと、ちょっとした取材のこぼれ話などを読者と共有する不定期の連載コラムです。

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧