2019年のノーベル生理学・医学賞の関連で注目されている医薬品に、低酸素誘導因子(HIF)活性化薬があります。米FibroGen社とアステラス製薬が共同開発し、9月に日本で承認を取得した「エベレンゾ錠」(ロキサデュスタット)がそれです。この薬の開発の裏話を聞くことができたので、この欄で紹介させていただきます。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)