研究開発投資や人件費の増額が企業価値の向上に

 「人件費投入を1割増やすと5年後のPBR(株価純資産倍率)が13.8%向上する」「研究開発投資を1割増やすと10年超でPBRが8.2%拡大する」「女性管理職比率が1割改善すると7年後のPBRが2.4%上がる」「育児時短制度利用者を1割増やすと9年後のPBRが3.3%向上する」──。エーザイが2020年8月12日に公開した統合報告書2020には、こんなユニークな分析が掲載されています。この取り組みを主導したのは、エーザイのCFO(最高財務責任者)を務める柳良平専務執行役。早稲田大学大学院でも教壇に立つ財務の専門家として知られる人です。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)