「ワクチン敗戦」への処方箋は?

 『コロナと創薬─なぜ日本の製薬企業は出遅れたのか』と題する書籍を日経BPより上梓しました。書籍は1部と2部からなり、1部では「ワクチン敗戦」の背後にある構造的な問題を分析し、菅義偉前首相のインタビューも収録しています。2部は日経バイオテクONLINEに連載した「イノベーションの系譜」から、「ヘムライブラ」「エンハーツ」「クリースビータ」「フェトロージャ」という4つの日本発創薬の物語を再編集して収録しました。「ワクチン敗戦」を招いた構造問題の一端は、武田薬品工業のコロナワクチンの審査においても見て取れます。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)