ホルモン受容体(HR)陽性HER2陰性進行乳癌に対して、ベバシズマブとパクリタキセルを用いた導入療法を行った後に維持療法を行う場合、内分泌療法のみに比べて内分泌療法にカペシタビンを加えた方が良い可能性が明らかとなった。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)