進行乳癌に対して、経口パクリタキセルとP糖タンパク阻害薬encequidarの併用が、3週1回投与の静注パクリタキセルよりも有効で、末梢神経障害が少ないとする試験結果が発表された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)