術前補助療法か術後補助療法としての内分泌療法後12カ月以内に再発・病勢増悪が認められた、あるいは転移癌に対する1次治療として内分泌療法を受けて進行が認められたホルモン受容体(HR)陽性HER2陰性進行乳癌患者における、フルベストラントへのCDK4/6阻害薬アベマシクリブの追加による全生存期間(OS)改善効果は、全てのサブグループで認められたが、予後不良因子のあるサブグループでより高く認められる傾向があることが明らかとなった。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)