エストロゲン受容体(ER)陽性HER2陰性進行再発乳癌に1次化学療法としてweeklyパクリタキセルとベバシズマブの併用療法、維持療法としてホルモン療法+ベバシズマブ併用療法を行い、増悪したなどの際に再度weeklyパクリタキセルとベバシズマブの併用療法を行うことが有用なことが明らかとなった。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)