CDK4/6阻害薬の耐性メカニズムとして、インターフェロン(IFN)シグナル伝達が関連する可能性が、エストロゲン受容体(ER)陽性乳癌細胞モデルおよび臨床試験の検体を用いた研究で示唆された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)