再発リスク高あるいは中程度のエストロゲン受容体(ER)陽性/HER2陰性乳癌に対する術後補助療法として、術後内分泌療法とS-1の併用が術後内分泌療法単独よりも浸潤性疾患のない生存期間(iDFS)を有意に延長できることを示した無作為化比較フェーズ3試験であるPOTENT試験の、詳細な結果が明らかとなった。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)