最初の再発を起こした高/中間リスクの小児・青少年のB細胞性急性リンパ性白血病(B-ALL)患者に造血幹細胞移植前に行う再導入療法として、ブリナツモマブは標準的な化学療法よりも効果と忍容性が優れることが明らかとなった。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)