移植不適新規診断多発性骨髄腫(NDMM)に対して、ボルテゾミブ‐メルファラン‐プレドニゾン併用(VMP)に抗CD38抗体ダラツムマブを加えた4剤併用レジメン(D-VMP)は、VMPよりも有意に全生存期間(OS)を延長することが明らかとなった。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)