若年成人のFLT3/ITD変異陽性急性骨髄性白血病(AML)では、第一完全寛解期後に速やかに同種造血幹細胞移植を行うことが有効で、安全性もあることが、年齢など患者の適格基準、導入療法、地固め療法、ドナー源などを事前に規定した前向き試験で確認された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)