小児の慢性骨髄性白血病(CML)患者においても、チロシンキナーゼ阻害薬(TKI)の投与を3年以上受け、2年以上分子遺伝学的完全寛解(MR4.0)が維持されていれば、造血幹細胞移植(HSCT)を受けた後に再発した患者も含めてTKI投与を中断できる可能性が明らかとなった。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)