未治療のEGFR変異陽性進行非小細胞癌(NSCLC)において、第3世代EGFR-TKIオシメルチニブを投与した群は、第1世代EGFR-TKI(ゲフィチニブまたはエルロチニブ)を投与した群に比べて、日本人集団では有意な全生存期間(OS)の延長を示さないことが、フェーズ3試験であるFLAURA試験の日本人サブセット解析で明らかになった。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)