切除不能III期非小細胞肺癌(NSCLC)は化学放射線療法(CRT)が標準治療となっている。昨年、フェーズIII試験のPACIFIC試験の結果に基づき、CRT後の維持療法として抗PD-L1抗体のデュルバルマブが承認され、その後、全生存期間(OS)の延長も示された。日常診療に免疫チェックポイント阻害薬(ICI)による維持療法(地固め療法)が導入される中、いかに安全に実施するかが模索されている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)