HER2陽性転移乳癌に対して、トラスツズマブ、ペルツズマブ、化学療法併用後にトラスツズマブ‐エムタンシン(T-DM1)を投与することは有効なことが、イタリアで行われた多施設観察研究the Gruppo Italiano mammella(GIM)14/BIOMETA試験で確認された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)