進行癌患者に期待余命を伝える際には、最も悪い場合、典型的な場合、最も良い場合の3つのシナリオに分けて説明することが有用であることが明らかとなった。オーストラリアとニュージーランドで行われた調査で、3つのシナリオで説明することが、患者にとって有用であること、医師も好ましいと考えていることが示された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)