代替医療として用いられるハーブ類などの経口サプリメントが、特に経口や肝代謝型の抗癌薬と相互作用を起こす場合があり、抗癌薬投与中は医師と患者で情報を共有し、管理していくことが重要であることが指摘された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)