新規経口ERK1/2阻害薬であるASN007が、BRAF遺伝子やRAS遺伝子に変異があり、標準治療に抵抗性となった進行固形癌に有効である可能性が明らかとなった。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)