PARP阻害薬であるオラパリブと経口ATR阻害薬であるAZD6738(ceralasertib)の併用が、ATM変異がある進行固形癌とPARP阻害薬に抵抗性となったBRCA1/2変異陽性高悪性度漿液性卵巣癌(HGSOC)に有効である可能性が明らかとなった。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)