メチルチオアデノシン・ホスホリラーゼ(MTAP)をコードする遺伝子が両方とも欠失した癌に、メチオニン・アデノシルトランスフェラーゼ2A(MAT2A)阻害薬であるAG-270が有効な可能性が明らかとなった。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)