腫瘍免疫回避機構を克服すべくデザインされたキメラ抗原受容体(CAR)を、主にウイルスベクターを用いて患者T細胞に導入したCART細胞。今年3月26日、日本でもチサゲンレクルユーセルが承認され、いよいよ治療に応用するCART療法が開始された。第81回日本血液学会学術集会における教育講演「血液腫瘍に対するCART療法」では、自身も新規CAR開発に携わる信州大学小児医学教室の中沢洋三氏が、その現状と今後の方向性について解説した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)