Oncology◎日本血液学会2019

CAR-T療法は生き残れるか?

安全性・再発・コストなどの課題に打ち克つ次世代CARの開発へ
(2019.12.04 08:00)1pt
中西美荷=医学ライター

 腫瘍免疫回避機構を克服すべくデザインされたキメラ抗原受容体(CAR)を、主にウイルスベクターを用いて患者T細胞に導入したCAR-T細胞。今年3月26日、日本でもチサゲンレクルユーセルが承認され、いよいよ治療に応用するCAR-T療法が開始された。第81回日本血液学会学術集会における教育講演「血液腫瘍に対するCAR-T療法」では、自身も新規CAR開発に携わる信州大学小児医学教室の中沢洋三氏が、その現状と今後の方向性について解説した。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み
 Oncologyは、日経メディカル Onlineが癌の臨床医向けに提供しているコンテンツを日経バイオテクに転載するものです。国内外の癌関連学会で発表された演題の速報やレポート、臨床試験を解説するエリアレビューなど、日進日歩で変化する癌診療の今をお伝えします。

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧