びまん性大細胞型B細胞リンパ腫(DLBCL)は、日本では悪性リンパ腫の中で最も発生頻度が高い病型である。DLBCLは、臨床的、病理学的、分子遺伝学的に、多様な病態を示す。予後不良とされるダブルヒットリンパ腫(DHIT)もDLBCLの1亜型であり、臨床的に最も注意を要する病型である。



 10月に東京都で開催された第81回日本血液学会学術集会の教育講演では、岡山大学病院血液・腫瘍内科の遠西大輔氏が「DLBCLの遺伝子異常に基づく分類と層別化治療の可能性」と題した講演を行い、DLBCLの最新の分子学的層別化(molecular taxonomy)、同氏らが研究で明らかにしたDHITの分子病態、さらにこれらの知見が実地臨床にどのような影響を及ぼすかについて解説した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)