ホルモン受容体(HR)陽性HER2陰性、腋窩リンパ節転移陰性の早期乳癌で、21遺伝子アッセイで高再発スコア(26-100)の患者では、内分泌療法のみよりも化学療法と内分泌療法を併用することで転帰が改善し、化学療法ではタキサンとアンスラサイクリンを使用した場合に良好となることが示された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)