転移を有する大腸癌に対する1次治療後の維持療法として、Toll様受容体9(TLR9)アゴニストのlefitolimodを投与しても、標準治療と比べて全生存期間(OS)は延長しないことが分かった。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)