未治療の進行非小細胞肺癌(NSCLC)で、血漿中に遊離した腫瘍DNAの縦断的なモニタリングにより、RECIST基準の病勢増悪(PD)の前に、増悪あるいは獲得耐性を早期に検出できる可能性が示された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)