生殖細胞系列のBRCA遺伝子(gBRCA)変異陽性のHER2陰性進行乳癌に対し、PARP1/2阻害薬veliparibをCP療法(カルボプラチン、パクリタキセル)に追加すると、CP療法のみよりも無増悪生存期間(PFS)を有意に延長することが示された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)