非小細胞肺癌(NSCLC)の1次治療としてアテゾリズマブを投与した患者において、血液検体から測定した腫瘍の体細胞遺伝子変異量(TMB)は効果予測マーカーであり、さらにCRP値の低下も良好な臨床結果と関連することが明らかになった。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)