第5版となる「膵癌診療ガイドライン2019年版」が7月に発行された。7月12・13日に東京で開催された第50回日本膵臓学会大会では、特別企画「膵癌診療ガイドライン2019—膵癌診療の進歩と明日への提言」において、2016年版からの変更点を中心に改訂委員による解説が行われた(司会は膵癌診療ガイドライン改訂委員会委員長で国立がん研究センター中央病院肝胆膵内科の奥坂拓志氏と副委員長で九州大学大学院医学研究院臨床・腫瘍外科の中村雅史氏)。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)