スイスNovartis社は8月27日、 キメラ抗原受容体(CAR)発現T細胞を用いたCAR T細胞療法CTL019(tisagenlecleucel)について、25歳までの難治性、移植後または2次以降の再発B細胞性急性リンパ芽球性白血病(B-ALL)と成人の2ライン以上の全身療法を受けた再発・難治性のびまん性大細胞型B細胞リンパ腫(DLBCL)を対象に、欧州委員会から承認を獲得したと発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)