米国で使用されている癌患者の経済毒性(Financial Toxicity)を評価するツールを用いて、単施設で日本人患者を解析したところ、高額療養費制度で支払い上限がある日本人においても、癌の治療中に経済毒性を経験している患者が少なくないことが明らかとなった。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)