局所進行性または転移を有する尿路上皮癌で、前治療でプラチナ製剤を含む化学療法と抗PD1/PD-L1抗体の両方の投与を受けた患者に対し、ネクチン-4を標的とした抗体薬物複合体enfortumab vedotin(EV)の効果が検証された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)