再発または持続性の卵巣明細胞腺癌(CCC)患者に対する、TC療法(カルボプラチン、パクリタキセル)とCPT-P療法(イリノテカン、シスプラチン)の効果が比較検証された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)