アレクチニブの投与歴がある難治性のALK陽性NSCLCの日本人患者でbrigatinibの有効性を確認

 アレクチニブの投与歴がある難治性のALK融合遺伝子陽性(ALK陽性)非小細胞肺癌(NSCLC)の日本人患者に対し、ALKチロシンキナーゼ阻害薬(ALK-TKI)brigatinibは、化学療法の治療歴に関わらず、臨床的に意義のある効果を示すことが、日本で行われたフェーズ2のJ-ALTA試験からわかった。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)