VEGFR-TKI投与後に増悪した進行RCCにカボザンチニブは前治療に関わらず有効、METEOR試験とC2001試験の統合解析

 進行腎細胞癌(RCC)でVEGFR-TKIによる治療後に増悪した患者を対象として行われた、国際的なフェーズ3のランダム化比較試験METEORと日本で行われたフェーズ2のCabozantinib-2001(C2001)試験の統合解析から、マルチキナーゼ阻害薬カボザンチニブは、免疫療法薬(IO薬)を含む前治療に関わらず有効であることが示された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)