進行前立腺がんで経口薬レルゴリクスがロイプロリドに対する優越性とMACE抑制効果を示す

 初の経口投与可能なGnRHアゴニストであるレルゴリクスは、進行前立腺癌における迅速で持続的なテストステロン抑制効果を示し、内科的去勢の新たな標準治療となる可能性がHERO試験の結果示された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)