遠隔転移を有しないCRPC患者のOSがダロルタミド+ADTで延長、癌に関連する症状や化学療法開始を遅らせる効果も

 遠隔転移を有しない去勢抵抗性前立腺癌(nmCRPC)患者に対し、新規経口アンドロゲン受容体阻害薬ダロルタミドとアンドロゲン遮断療法(ADT)の併用は、プラセボ+ADTと比べて全生存期間(OS)を有意に延長することが、国際的な多施設共同、フェーズ3のランダム化比較試験ARAMISから明らかになった。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)