遠隔転移を有しないCRPC患者のOSをアパルタミドが有意に延長、SPARTAN試験の最終解析

 遠隔転移を有しない去勢抵抗性前立腺癌(nmCRPC)患者を対象として、アンドロゲン遮断療法(ADT)に加えて、アパルタミドまたはプラセボを投与して比較したフェーズ3のランダム化比較試験SPARTANの最終解析から、全生存期間(OS)中央値はアパルタミドで6年を超え、プラセボと比べて14カ月延長することが示された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)