局所進行ER陽性閉経後乳がんへの術前内分泌療法の効果はアナストロゾール単剤、フルベストラント単剤、併用で差なし

 局所進行エストロゲン受容体(ER)陽性HER2陰性閉経後乳がんに対する術前内分泌療法(NET)としての効果は、アナストロゾール単剤を投与した場合とフルベストラント単剤を投与した場合、フルベストラントとアナストロゾールを併用投与した場合で差がないことが明らかとなった。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)