内分泌療法感受性乳がんの1次治療でパルボシクリブとフルベストラントの併用はレトロゾール併用よりもPFSを延長せず

 内分泌療法感受性のホルモン受容体(HR)陽性HER2陰性進行乳がんに対して、CDK4/6阻害薬であるパルボシクリブを1次治療で投与する際に併用する内分泌療法薬がフルベストラントの場合は、パルボシクリブとレトロゾールの併用よりも無増悪生存期間(PFS)を有意に延長できないことが示された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)