体細胞系列BRCA1/2遺伝子変異、生殖細胞系列PALB2遺伝子変異のある進行乳がんにオラパリブ単剤は有効

 体細胞系列BRCA1/2遺伝子変異および生殖細胞系列PALB2遺伝子変異がある進行乳がん患者でオラパリブ単独療法は有効であることが、第2相臨床試験TBCRC 048で明らかになった。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)