de novoのIV期の乳がんでIPTの患者に対する早期の局所療法はOSを延長せず

 de novo のIV期の乳がんで無症候性原発無処置腫瘍(intact primary tumor:IPT)の患者に早期の局所療法を行っても、全生存期間(OS)は延長しないことがわかった。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)