ER陽性HER2陰性乳がんの術後内分泌療法にS-1追加で複合リスク中・高リスク患者のiDFSが明らかに改善

エストロゲン受容体(ER)陽性HER2陰性乳がんに対する術後補助療法として、術後内分泌療法へのS-1追加で、浸潤性疾患のない生存期間(iDFS)は、腫瘍サイズや腋窩リンパ節転移などを加えた複合リスクが中リスクから高リスクの患者で改善することが、無作為化比較第3相臨床試験POTENTの探索的解析で確認された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)