新規診断多発性骨髄腫の導入治療にカルフィルゾミブ3剤併用はボルテゾミブ3剤併用と比べ有意差示さず

 新規診断多発性骨髄腫(NDMM)の導入治療として、プロテアソーム阻害薬カルフィルゾミブとレナリドミド、デキサメタゾンの3剤併用療法(KRd)は、ボルテゾミブとレナリドミド、デキサメタゾンの3剤併用療法(VRd)に比べて有意な生存改善は認めないことが、無作為化第3相臨床試験ENDURANCE(E1A11)で明らかになった。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)