FOLFOX+デュルバルマブ+tremelimumabで腫瘍特異的免疫反応を誘発、MSS大腸がんでも免疫療法有効の可能性

 マイクロサテライト安定性(MSS)の大腸がんにおいても、化学療法とCTLA-4阻害薬を併用することにより腫瘍特異的免疫反応が誘発され、PD-1/PD-L1阻害薬の有効性に期待が持てることが示唆された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)