EGFR変異陽性進行NSCLCの1次治療でオシメルチニブとゲフィチニブの併用は実行可能、血漿中EGFR変異は急速に減少

 EGFR変異陽性進行非小細胞肺がん(NSCLC)の1次治療として、オシメルチニブとゲフィチニブの併用療法は忍容性があり実行可能で、血漿中のEGFR変異が急速に減少することが報告された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)