HER2遺伝子変異を持つ進行NSCLCにトラスツズマブ デルクステカンが高い奏効率、効果の持続性も確認

 抗HER2抗体薬物複合体であるトラスツズマブ デルクステカン(T-DXd、DS-8201)が、HER2遺伝子変異を有する進行非小細胞肺がん(NSCLC)に有効である可能性が明らかとなった。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)