未治療のNSCLCへのペムブロリズマブと化学療法併用の有効性がKEYNOTE-189の最終解析でも確認

 未治療の進行非扁平上皮非小細胞肺がん(NSCLC)に対して、抗PD-1抗体ペムブロリズマブと化学療法(ペメトレキセド+白金系抗がん薬)の併用療法は、化学療法のみよりもPD-L1の発現状態に関わらず全生存期間(OS)、無増悪生存期間(PFS)、PFS2(無作為化から2度目の増悪か死亡までの期間)、奏効率のいずれも改善できることが確認された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)